読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

cazblo

多摩川沿いに住む割と田舎な東京住みのサイクリストのブログ。日々の練習やレースを中心に。

セオフェス4時間ソロ

今年最後のレースとしてセオフェスの4時間エンデューロソロに出場。

もう半分オフシーズンみたいな感じかと思ったら結構濃いメンツがちらほらと。

 

そもそもエンデューロはあんまり好きじゃないけど、練習仲間揃ってエントリーというのと、レース後の寿司がメインってことで。

 

ただ、気温がもう真冬並みの寒さ。去年もセオフェス出たけどここまで寒くなかった。

前々日に雪が降ったのでコース脇に雪もあるし。

その雪解け水のせいか、晴れてるのにコースは常にウエット。

寒いしやる気半減。

でも寒い中4時起きしてここまで来たし、美味しくお寿司を食べたいし、走らねば。

 

コースは去年走って知ってるし、4時間エンデューロだから試走・アップなしでゆっくり寒い中準備をする。

 

スタート前の整列は先導の後ろ、2列目の良いポジションで待機。

スタート時間が近くなるが、コース上に数台オフィシャルカーが止まったまま。

あれ?もうスタート直前だけどあれどうすんの??

と、思ってたら号砲が。

コースのど真ん中に車が止まったままだけどあれに集団突っ込むの?

みんな混乱してたら別のスタッフが止めに来た。スタートをやり直すらしい。

これってJBCF運営じゃないのかよ。というグダグダ具合。

でもよく考えたらJBCFってそんなに(ry

 

そしてレース再スタート。

1周目は先導のもとローリング。

コース上はいたるところがウエットになっていて1周しただけでびちゃびちゃ。口開けると泥水が入ってくるし。。。テンション下がる。

 

序盤はアタックが散発するも集団も元気ですぐに吸収。

コースは大した登りもないので中々集団も削れない。

奈良さんが近くにいたのでマークしておく。

30分が経過し、ナオトマンからも奈良さんが次アタックしたら追うように指示される。

来年のE1レースではこういうチームで動くようなことやりたいな~

とか考えてたらコーナーでリアが滑り出す。

確認するとタイヤがへこんでる。。。パンクだ。

レースでパンクするのは初めてだった。

コース上に流れ出てきた雪解け水の中に異物でもあったのかな。

でも、タイヤの寿命も怪しかったかもしれない。

このレースがシーズン最後のレースだったから、これが終わったら来シーズンで張り替えるつもりだったけど、もたなかった。

 

集団からするすると脱落し、ピットイン。

ピットインといってもスペアホイールもタイヤもない。

あー、もうレース終わりか。。。30分しか走ってないよ。。。

とりあえず泥だらけだから洗車でもしてもらいにワコーズのブースへ。

洗車サービスに並んでいると、隣にマビックのブースがあるのに気が付いた。

 

ん、もしかしてホイールのレンタルサービスみたいなものやってるんじゃないか。

スタッフに確認してみると、試乗受付すればそのままレースで使ってOKらしい。

とはいっても先頭集団にもうLapされてるから展開には絡めない。

洗車してあと3時間待つか。ホイール借りて練習するか。

ちょっと悩んだが、寿司を美味しく食べるため、後者を選択w

 

借りたホイールはCosmic Pro Carbon SL C。

以前、40Cが気になってた時期があったけど重量的にあまりロードレース向きじゃないと思ったので断念。

このホイールは新作で重量が1450gらしく、アタックの上げ下げにも対応できてたし、今の決戦用のレースピより全然よかった。というか795とレースピは硬すぎる。

 

受付やらシュー、スプロケ交換なんかをしてたのでコースに戻るまで30分もかかった。

コースを1周まわったところで先頭集団と合流。もう何Lapされてるんだろう。

相変わらずでかい集団のまま。逃げは決まってなさげ。

 

集団はでかかったけど、知り合いは俺が離脱していたことに気が付いていたようで、ホイールの変化にも気が付いてた。よく見てるなぁ。

 

ホイールの調子がいいのか、最初の30分と比べるとすごく楽。

最初の30分はアップもしてないせいなのか、なんかいつもより辛かった気がした。

(もしかしてもうスローパンク始まってたのか?)

 

合流して数周回ると、でかい中切れができた。

え?なんでここで?と思いつつ、前方集団にブリッジ。

後ろがきてない。。。周りを見渡すと仲間や要注意人物もいない。。。

ゼッケンをよく見ると、みんな2時間ソロのゼッケンナンバーだった。。。

 

すぐに集団から離脱。

半周して後ろの4時間ソロの集団に合流。

「あれ、意図的に分けたんだから行っちゃダメだよ」と怒られる。

俺が離脱してる間に集団内で取り決めをしていたみたいだった。

いや、聞いてないし。。。とは言い訳にならないんだろうなぁ。失敗した。

そもそも2時間と4時間のスタート一緒にすんなよ、とか、富士チャレみたいにサポートライダーつかって分けろよ、とか思いながら走ってた。

 

 

2時間の部がゴールし、本格的に4時間の部のレースが展開していく。

が、もう自分はLapされている身なので展開に絡むようなことはしないで、先頭ローテに入ったり、アタックに耐えるのみ。

割といい練習になった。というかかなり辛かった。

エンデューロはじわじわ削られるから苦手だけど、おきなわとか長時間のロードレース出るならこういうのも強くならないといけないんだろうなぁ。

 

残り30分になる頃には集団は20人~30人ほどだったかな。

絞れてきたもののまだまだ大きい集団だった。チーム登録とソロが混じってたのでソロだけでいうと15人ほどだったらしい。

まわりを見るとユウタがいない。ユウタはトイレピットインしたからLapされていて俺と同じく展開に絡めない。

ナオトマンもいないし、Lapされてるのにまた展開を壊すようなことして怒られたらアレなので離脱。

集団最後尾にくっついていこうかとも考えたけど、ラスト30分の空気をLapされた自分がいても何にも面白くない。

 

ピットに戻るとユウタとナオトマンが着替えてた。

ユウタは寒くてやめたらしい。ナオトマンはお腹が減ったとのこと。

あんま展開うんぬんは気にしてなかったみたい。

 

ホイールとタグを返却し、着替えながらレースを観戦する。

最後は先頭集団に柳橋さんと大森さんが残っていたはずだったが、最終Lapでは戻ってこなかった。

パンクと落車があったみたい。二人ともラスト10分までいたので惜しかった。

何事もなく無事完走したのは有益さんのみだったw

 

そんな感じでトラブル続きのセオフェスを終え、寿司屋に移動。

美味しい寿司をホクホク食べて、帰宅。

 

シーズン最後のレースはなんとも締まらない感じだったけど、気持ちはオフトレに切り替えてコツコツやっていこう。

 

とりあえず、マビックのホイールが今日一番の収穫だった。

パンクしなかったら使えなかったわけだし、ポチる運命なのかも。。。