読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

cazblo

多摩川沿いに住む割と田舎な東京住みのサイクリストのブログ。日々の練習やレースを中心に。

筋トレ&ひるさい車練コース

先週の土曜日から筋トレを始めた。

自転車以外ではトライアスロンの経験があるものの、学生時代に特にスポーツに打ち込んでいたわけでもないので、このオフは体づくりを基礎からやってみようと思う。

とりあえず筋トレは体幹系とサイクリストトレーニングバイブルに載ってるメニューを。

あとオフはクロストレーニングとしてランとスイムもやろうと思う。

ちなみに土曜日に筋トレとラン6kmスイム2.8kmやったら体がバキバキになって日曜は自転車の乗車姿勢をとるだけでいたるところが痛かった。

基礎がない証拠なのでやっぱり冬は継続的にやっていこう。

 

水曜日が祝日だったので久しぶりにひるサイに。

車練コースとのこと。週末はセオフェスなので平坦コースは都合がいい。

ホイールはセオフェスもあるし、変えるの面倒なのでレースピ。

北風予報なのでいつもより早めに家を出発。やっぱりなかなか進まない。

というかツラい。前日に筋トレしたせいか力が入らない。それに風が冷たく、実際の気温より体感気温がかなり低い。ウェアは秋仕様だったので失敗した。強風だったのでディープリムも失敗した。

 

結局、合流地点のトモローまではいつもave30km/h以上で着くのが今日は27km/h。

嫌な予感しかしない。

筋トレで体痛いし、今日はあまり積極的には動かずにいこうと決める。というか動けない。

トイレを済ますと飛田さんが到着。一緒にひるサイトレインを待つ。

そろそろ来る時間かなと考えてたら、飛田さんが我慢できなくなりトイレに。

マジかよ、と思っていたらやっぱり本隊が到着。

 

ひるサイトレインは飛び乗るのみで基本的に待ってはくれない。

飛田さんには悪いが、トレインに乗る。

これに乗れなかったら単独で追いかけるのは不可能だし、何のために片道40kmかけてきたのか分からない。

 

トモロー合流時点では15人ほど?

風が強くてあまりローテがうまく回ってなさげ。

先頭を引いていると信号が近くなり、後ろがちょっと開く。

と、ここで奈良さんがアタック。ちょうど信号の切れ目を狙ってたみたい。

反応できる位置にいたのでアタックにのる。

後ろは誰もきていない。あ、2人逃げかよ。

 

上げたくないと思ってたときに限ってこんなことに。

とりあえず頑張る。と奈良さんから「踏みすぎ、最後までもたないよ」と諭される。

 

でもすぐに信号でつかまり、後続にも吸収される。

集団のローテに戻り休憩。

気が付くと飛田さんもローテに入ってた。合流できたようだ。

 

清澄坂、明覚デイリーあたりで奈良さん、上村さん、飛田さん、佐川さん、自分の5人が先行する。

後ろがまったく見えないので信号で引っかかったのかな。

ただ、風が強くてツラくなってくる。先行組乗るのにも足使ったし。

次第にローテに入れなくなり、ツキイチになる。

(気がつくと自分が5人の中で一番軽量級だった、パワーが足りない。。。)

 

松郷はペースで登る。助かった。風が強いと心拍も上がらずジリ貧だったけど、登りが入れば心拍も上がるしちょっとは暖まる。

でもすぐに下って落合まで平坦が続く。またすぐに死亡。

後半は少し回復しローテに入ってやっと落合。短い休憩をして後続を待つ。

 

なんか後続は落車があったり離脱があったりして合流したのは4人だっけかな。

9人になったところで先を進む。

数kmゆるく登って下ったら、あとはもう平坦のみ。ひたすら平坦。

風は向かい風から追い風に変わり、高速ローテが続く。

 

途中では佐野くんにローテで下がるときに減速しすぎることを注意される。

高岡さんにも言われて気を付けてるつもりだったけど、疲れるとつい足を止めてしまう。意識していかないと。

 

コースも後半に差し掛かってくるとローテできる人が4人になる。

自分は腹筋、臀筋、大腿四頭筋、そこかしこが痛くて後ろで耐えるのみ。

基本的に追い風だけどちょこちょこ横風区間があり、そこは一列棒状。

後ろにいても風をもろに受けて千切れる寸前。佐野くんが上げまくってる。。。

 

横風区間を利用して3人が先行。

ふじさん先頭固定で追ってもらう。信号で追いついたが根に持たれたw

なんとか車練コースを無事に生き残る。

今日は体中が痛く、ボロボロだった。。。

 

でも気温が全く上がらないので休憩もそこそこに出発。

ここでひるサイ組と離脱。飛田さんと南下して帰路につく。

しかし、北風というよりも北西の風っぽい。

往路に使った74号線ルートでは向かい風になり、体感気温と車練コース後の足では危険。

なので、407号線ルートで帰ることにした。

このルートは車が多いのが難点だが、風をうまく避けながら16号線に出られる。

車が多いほうが風の流れもできるし排ガスでちょっとあったかそうだし。そう考えるほど向かい風が冷たかった。

 

渋滞がちょっとあったけど407号線ルートのおかげで無事16号線ルートに出れた。

飯能への分岐で飛田さんとお別れし、ちょっと休憩を挟んで帰宅。

 

昼寝を挟んで夕方からは鍼へ。

明日も筋トレしたかったけど、今日の疲労をみるとセオフェスがやばそうなので木金はリカバリーにあてよう。

セオフェスはどう走ろうかなー。

調子からいって個人の成績は期待できそうにないので誰かのアシストとかできたらいいな。

2016年ツールドおきなわ140km 41位

去年念願の100kmをとったレース。

今年は実業団メインで活動していたこともあり、カテゴリはとりあえず140kmに。

周りが140kmを選んでいたのもあったけど、去年で思いは果たしたので、「とりあえず」という表現がぴったり。

 

沖縄向けの練習はロングを数本やっただけ。

あとはレース続きであまり長い距離は走れず、というかその前週に風邪をひいてしまい、沖縄入りしても鼻と喉がまだ完全に治りきらないままというコンディション。

まあ羽地まで行けばあとは何とかなるんじゃないかと。それくらいの心持ち。

 

機材は795にレースピ。正直かなり硬く感じる組み合わせだけど、BORAONEより反応いいから我慢。

タイヤはアタック&フォース。いつもはコンペだけど間に合わず。とりあえず値段帯は同じくらいなのでそんなに悪くないだろうとチョイス。

 

レース当日はシード権があるので普久川ダムの麓までの平坦を走ってアップしたり、のんびり話したりして過ごす。

レースの開始がいよいよ近付いてきたのでスタートの整列に向かおうとすると、スタッフに「今年はシードない」と言い放たれる。

え、ここにきて最後尾スタートかよ、と一瞬焦るが、なんやかんやで最前列で整列できた。

隣は1番ゼッケンのステファノさん。相変わらずでかい。

 

レーススタート。

シード権持ってる人は知り合いばっかだし普久川まで安全に走れた。何故かトンネルでは後方集団から雄叫びが聞こえたけど。

一回目の普久川に入る。だいたい10番手前後をキープ。

何これツラい。いきなりやめたくなる。

でもここで下がるとジリ貧で前に復帰するのも面倒なことになるので我慢。

青木さんが途中で飛び出すもしばらくして集団が吸収。KOMは別の選手が。青木さん調子いいのかなあ。

一回目のピーク後は分岐を左折して奥へ、100kmしか走ったことないので初めてのコース。そういやアップダウンも距離も頭に入れてなかった。

アップダウンが続き、アタックというか2人か1人が先行したり吸収されたりを繰り返す。その度に集団も動くので普久川のダメージが中々抜けない。

先行する選手を追うのはステファノさん。ほとんど引いてた気がする。

 

奥の登りの前で100kmのアンダー39の待機列をパス。

核さんが先頭付近で待機してるのが見えた。やっぱり100kmはちゃんとシードあるじゃん。

奥の登りは結構スロー。おかげでここで回復できた。が、100kmのオーバー40で遅れた人が降ってき始める。

 

海岸線の平坦では2回目の普久川に備えて足を貯める。 と、ここで5、6人ほどの逃げが出る。その中にはヤスさんも入ってるみたいで追わなくていいよと言われて集団の中に。

 

2回目の普久川では大尉が先頭でペースを作ってくれたお陰もあって比較的楽。前との差も少しずつ埋まっていく感じだし順調。

と、思ったらピーク近くの緩い下りでまさひふさんの後輪にハスる。ほとんどピークまでこれて緩くなったことで気を抜いてしまった。 先頭集団2番手だったのでここでコケたら知り合いも含めて大勢巻き込んでしまうので必死に立て直した。

かなり肝を冷やしたがなんとか2回目のピーク。いつの間にか逃げも吸収。

 

補給所では集団から下がって満タンのボトルと交換。 下りではまさひふさんとヤスさんATSくんとでローテしながら下る。 昨日の試走でこのメンバーなら安定して下れることがわかったのでここはスムーズ。ほぼ先頭で下れた。

 

 

学校坂に入る。 速い。苦しい。 でもこれで集団も大分絞れたろうと坂を過ぎて振り返ると、まだ50人ほどはいる。 マジかよ。。。全体的に去年より速いペースらしい。ツラい。。。

しばらくアップダウンが続き、途中で大尉が飛び出していく。 も、しばらくすると集団に戻ってくる。 あ、スプリント賞か。 100kmしか出たことないから山岳賞とかスプリント賞とか疎いんだよな。

しかし、実は二人の逃げが出ていたようで、スプリント賞は別の選手に。

 

進むにつれてだんだん足の攣り兆候が出てきた。 2runもジェルも取っているが、水が足りない。次の補給所で一本満タンのにしても足りなくなる予感しかしない。水を節約しながら進む。

でも集団も逃げを捕まえるべくペースが上がりどんどん苦しくなる。水飲みたい。

もうほとんど集団でローテに入れなくなってくる。

集団ではヤスさんが積極的に前に出て逃げを追う。リザルトでも入賞してたし、強かったなぁ。

 

 

でも集団は中々上手くローテが回らず途中で100kmの逃げにぶち抜かれる。ちょっとして追走集団にも。

あ、多摩ポタジャージだ。佐藤くんだな。核さんは。。。いない。。どうしたんだろう。。。

後から聞いたら佐藤くんのアシストで足を使ってしまって追走集団から脱落したらしい。

 

やっとのこと念願の2回目の補給所に到達。 ここは左にしか補給所がない。 ATSくんに車列に入れてもらい、難なくボトルゲット。すぐさま一気飲み。1本目をデポし、2本目をボトルゲージに納める。

と、なんかアタックかかってるやん。。。 マジかよ、と思いつつ全開で踏みなおす。  一列棒状。中切れがないことを祈り必死に踏む。

アタックが収まり集団のペースが緩む。 これで相当人数絞れただろ、と思うもあんまり減ってない。どうやらブリッジがかかってしまい、集団も追いついてしまった模様。結局ペースも元に戻ってしまい。逃げを思うように追えない展開が続く。個人的にはツラさが増すばかりなので複雑な心境。

 

というか逃げの状況がイマイチよく分からない。モトから情報がほとんど来ないし聞いてもよく分かってないみたいで、タイム差が全然わからない。前からは100kmオーバー40の千切れた選手が降ってくるから余計わからん。

たぶんこの状況も集団のペースが上がらなかった要因だと思った。

210kmはおろか、100kmはちゃんとモトが状況を教えてくれてたらしい。

140kmは何故か扱いが雑な気がした。

 

いよいよ羽地が近くなってきた。水の残量が怪しい。

知り合いの選手のボトルを見回す。あ、飛田さんのボトル余ってそう。

お願いして、ちょっと飲ませてもらう。ほんとはそのままボトルもらいたい。。。

 

そして羽地、ペースが上がる。と、ここで足が攣る。

でもこれに乗らないと何のためにここまできたのか分からない。

構わず思いっきり踏む。攣っても我慢すれば踏めるって誰かが言ってた。

が、激痛で完全にストップ。右の大腿四頭筋がバッキリ攣った。

悲鳴をあげて自転車を降りる。(痛すぎて自力で降りられず人にクリートを外してもらった。。。)

 

痛くても進まなければ。。。何分か休んだ後、バンバン抜かれつつも足を引きずって自転車を押す。なんだこれ。情けない。

もう羽地超えるのなんて不可能だろ、とか考えだす。

 

すると、後ろから懐かしい声が聞こえた。

核さんだ。

100kmアンダー39の追走集団の後に単独で走ってきたらしい。

まさかこの状況で会えるとは。。。さっきまで絶望しかなかったのに、何故か心が落ち着いた。

 

水が足りなくなり、足が攣ったことを伝えるとボトルをくれた。

まだ足が痛いけどちょっとずつ漕ぎ始める。

1人で行くのは絶望的だったけど、核さんがいればなんとかなる。

互いのレース展開を話しながら2人でペースで登る。

 

なんとか前に進めるようになったものの、羽地では応援が辛かった。先頭集団で応援を受けられないことに情けない気持ちになった。

来年は絶対先頭集団で応援を受けると心に誓った。

 

途中で他に千切れた選手が後ろについたりするも下りで千切れていき、羽地を抜けた平坦はずっと2人でローテしながら進んだ。

ジャージもゼッケンの色も違う2人だったが、最後は肩を組んでゴール。

一緒に走ったのは20kmもなかったかな。でもこれだけは良い思い出になった。

 

 

リザルトは41位だった。

他の竹芝メンバー3人は表彰台、入賞、シングルに入っていた。

自分の情けない結果に腹が立つ。

 

敗因は水不足もあったけど、ハッキリ言って練習不足。準備ができてない。

仮に水が足りていたとしても羽地まであんなに余裕がないんじゃ話にならない。

 

今年は実業団を中心にレースばっかだった。強度を上げると体調崩しまくってたし。。。去年は実業団は3つしか出ずにほとんど練習してた気がする。。。

 

 

来年からE1だし、出るレースはロードレースだけにしてちゃんと練習して強くならなければ。

 

まずはオフトレから。計画的に体を作っていこう。

来年に向けてモチベができたことが今回の一番の収穫だった。