cazblo

多摩川沿いに住む割と田舎な東京住みのサイクリストのブログ。日々の練習やレースを中心に。

JCRC群馬とオーバーなんとか

昨日10/15はJCRC群馬のSAクラスに参戦。

この時期のJCRC群馬は例年長距離が設定され、沖縄前の良い調整レースになる。

結果からいうと、レースはラスト2周でDNF。先頭集団にラップされて足切りだった。

序盤からそれなりにきつかったがスピードとしてはいつものSAクラス並み。ただその日はどうにも回復が追い付かず周回を増すごとに疲労がどんどん溜まり、脚が動かなくなっていく。

ビブタイツに冬用インナーと冬用ジャケット、冬用グローブも準備しておくほど寒さ対策は万全だったし、暑すぎることもなく、装備は良かったので気温は問題にはならなかった。

それでも体が限界になり、7周目に入ったホームストレートで最後尾からふっと千切れる。

その後は同じく千切れた同クラスのメンバー数人とBクラスの先頭逃げ2人のケツを90分眺めながらカロリーだけ消費してラスト2周を残して足切り

先頭集団から58分のパワーはNP263,平均221,速度は37.0km/hだった。

数字とそれ以降も残ったメンバーからみてここで千切れるような内容ではない。

それでも体が耐えきれなかった理由は1つしかない。疲労だった。

ぶっちゃけJCRC群馬を舐めていたところがあったと思う。

10月は後半に重要レースが控えているのと沖縄前なのでこのレースまでに可能な限り走り込んでおいて、最後にこのレースを耐え抜いて、あとは疲労抜きに以降する計画だったけど、先週の木曜日くらいから体がおかしくなり始めた。

f:id:cazblo:20171016171431j:plain

f:id:cazblo:20171016171502j:plain

これが昨日までのログ。

先々週までがおそらく自分のトレーニングのキャパの範囲だったがATL190を超えたあとも高い数字のまま練習とレースを重ねてしまったのが失敗だった。自分の限界を見誤った。もう少しだけ体がもってくれるかと思ったが数日足りなかった。

ここ数日間は昼間も眠気があり、軽い頭痛のような感覚が続いてぼーっとする。まるで風邪を引いているようだ。

そして一つ一つの動作が遅く鈍い。物を忘れたり落としたりすることが頻発する。

いつもの睡眠時間では回復せず、先週からずっと上記の症状が続いている。

これがオーバートレーニングなのかオーバーリーチングなのか分からないが、おそらくオーバーリーチングでオーバートレーニングまではいっていない、と思っている。

まだ睡眠障害、食欲低下や体重減少、極端なパフォーマンス低下などの症状は出ていない。

数日から一、二週間の休養を設ければ回復するはずだ。

でもこんな症状になったのは初めてだし、こんなになるまで練習したのも初めてなのでなんとも言えない。

次の週末はジャパンカップだ。

今は回復するのを祈るのみ。

10月のレースと沖縄に向けて

今年はピークを6月の全日本と11月の沖縄にターゲットを定めて練習を積んでいる。

 

6月はちゃんとピークをもってこれたのか成果が分からずにレースが終わってしまったし、翌週の広島は熱中症になったりで、ぱっとしなかった。

でも7月の石川は今までにないほど成果を感じることができた。

8月は風邪で体調を崩してしまったが、2週間近くまともに乗れなかったおかげで、テーパーのいい感覚がつかめた。

9月は台風ということで秩父宮杯を回避した代わりに、練習のボリュームを稼いだ。

 

全日本以降の7~9月の練習をまとめるとこんな感じ。

走行距離:5315km

時間:196時間

TSS:9532

 

途中、風邪や怪我もあったけどほとんど毎日練習した。

それでもまだ、練習が十分に足りているという実感はない。

 

それが質なのか量なのか、どちらもなのか。

俺より強くてもっと練習している社会人レーサーはいっぱいいる。

でも10月に入るとJCRC群馬を皮切りにJC、JBCF群馬、高石杯と連戦になる。

それから2週間もすればおきなわだ。

テーパーも考えると長時間高強度練習ができるのはあと4,5回ほど。

 

本当に練習は足りているのか?今の走り方で戦えるのか?

(こんなこと考えるのも、先週のtd55でLINKの半澤さんに軽くひねられてしまい

今年はおきなわの同カテゴリ140kmエントリーすると知ったからなのだけど)

 

不安はいっぱいだ。

でも去年のような思いはしたくない。そのために練習してきた。毎日。

もう練習もレースもスケジュールは変えられない。

あとは前を向いて進むだけだ。

サプリメントと健康診断

去年から筋トレを始めてかなり積極的にプロテインを取り続けている。

最初は国内のプロテインだったけど含有量や価格の面から海外のものに変えた。

ついでにBCAAやその他のサプリメントも。

メイタンTCやグリコのオキシシリーズなんかは効果を明確に体感できた訳ではなく、なんとなく御守り代りでやっていた。

でも海外のBCAAなんかは成分が国内のものよりも多いせいか効果を感じる。

数字で表せるものでもないのでプラシーボかもしれないけど、味も気に入ってるものもあるから続けていた。

そのおかげなのか今年は去年と違って体調を大きく崩すことなくコンスタントに練習ができて調子を上げてくることができた。

石川ロードでは結果には繋がらなかったものの、自分の中で大きな自信なった。

なので、特に健康診断があっても気にしていなかったが、なんと肝臓の数値で異常判定。

f:id:cazblo:20170823184644j:plain

基準値の倍以上の数値。

一昨年からあまりいい数値ではなかったけど、ここまでではなかった。

特に自覚症状はないものの肝機能の障害症状が出づらく、肝臓ガンなどは症状が出る頃には末期だとか。

ビビりまくってすぐに再検査の予約。

でもアルコールもとってないし、脂肪肝なんてあり得ないし、原因が思い浮かばない。

もしかしてウイルス肝炎?なんて考えたり。

でも、ちょっと冷静なって考えてみると、思い当たる節があった。

さっき書いた、毎日飲み食いしまくってるプロテインだ。

オフの筋トレ、乗り込み期、減量期、それぞれ体重の2倍以上グラムのたんぱく質を取り続けた。

普段のお菓子もプロテインクッキー、チョコ、スナック菓子に変えて食べまくっている。

これだ、むしろ今までよく何も症状が出なかったくらいか。

来週再検査だけど、徐々に摂取量を減らして行こう。

それにしても、プロテインにはかなりハマってしまい、お菓子系も大量にストックしてあるのでどうしたものか…

石川ロードレース

広島からの嫌なイメージはあったものの、石川前の練習会ではそこそこ登りもよかったので、何とか体が動いてもらうことを願いながら臨んだレース。

とはいえ、広島からの熱中症が尾を引いていて、水曜あたりから体調がイマイチで踏んでもどうも頭一つかからない感じだし、疲れが抜けない。

暑熱順化として水曜にサウナに行ったのが逆効果だったかな?

そんな不安を抱えながらも今回の石川は前日入り。

宿がスタート地点のすぐそばで、朝一のレースにも関わらずゆっくり過ごせた。

ただ、あまりにもゆっくりし過ぎて、後でこの油断が仇となることに。

当日は6時に起きた後、買っておいた朝食を済ませ、二度寝

7時半頃から支度を始めるが、補給用ボトルを4キロ離れた補給所まで運んでおいていかないことに気がつく。まあアップを兼ねて行けばいいかーなんて思って準備をして先に出走サインに向かうと長蛇の列。

なんとかサインを終えるも開会式30分前、アップの時間すら確保できてない有様。

補給所までの4キロはひたすら登りだけど急げばまだ間に合うか?

と、慌てて走り出すも道に迷うw

ミスコースに気づいて戻ってきたときには、もう時間切れ。

もう色々諦めて、スタート地点に戻り整列し始める。

結局、ボトルは背中に入れて登って補給所でデポするという苦し紛れな作戦に。

アップもろくにしてないし、最初の登りで掛かったらアウトだなーなんて考えるも、熱中症がまだ治ってないと思っていたので今回はE1として完走できればいいか、という目標になっていた。

そんなドタバタしているうちにレーススタート。

後方からのスタートのためかパレードなのにコーナーの度にダンシングで加速させられる。

パレードなのにだるい…そして4キロの登りへ。

ここからリアルスタート。

やっぱり掛かる。辛い… とりあえずしのいで補給所でチーム員を見つけ、何とかボトルをデポ。

この時点でかなり後方に。先頭超遠いよ…

しかも下りがどうも周りより遅い。2レース続けて落車にあってるせいかマージンをとってしまう。

集団は落ち着かないまま2周を消化。

何とかメイン集団にいるけど、これ以上掛かったらアウトかも。

と思ったら3周目からペースが落ち着く。数名の逃げが決まったようでSCPが抑えに入ったのかな。

とりあえず命拾い。で、体感的にはサイクリングペースで進む。かなり余裕が出てきて、先頭10番手付近に移動。

4周目では周回を間違えてゴール前で先頭に出てしまった。でも大して踏んでないのに先頭に出れてしまう。なんでこんなに遅いんだ?

あ、最終周で一気に前と差を詰めるためにまた掛かるのか。

と、最終周に入るも、大してペースは変わらない。

いや、明らかにさっきより速いんだけど、逃げとの秒差は30秒からずっと縮まらない。

逃げは3名だっけか?

となるとメイン集団は入賞圏内だ。ゴール前の登りさえ耐えきればもしかして…なんて考え始める。

相変わらず下りはマージンをとってポジションを下げてしまうが登りで簡単に前に位置取りできる。

最後の登りのペースアップに備えるも、それほど掛からない…

そうこうしているうちにラスト1キロ看板を通過。

ここで数名が集団から抜け出す。

これだ、と飛び乗り2列の隊列の3番手に入る。

スプリントの脚も残ってる、得意の登りゴール…これってもしかして、なんて俄然色めき立つ。

が、ラスト200m前のコーナーで前にいたスペードがリアを滑らせて落車。

f:id:cazblo:20170717222151j:plain

前方に自転車が倒れこんできて避けきれず前転しながら自分も落車。

E1の初入賞を直前で意識していただけに大声で怒鳴ってしまった。

怪我は膝を強打して擦過傷がいくつかあったが大したことは無かった。

けどスプリントには自信があって、ここまでこれるとは思っていなかったチャンスを逃したというショックがデカくてしばらくその場でうずくまる。

少し時間をおいて起き上がるも自転車はパンクしてチェーンが落ちてた。

もう何位かもわからないけどゴールだけはしようと思い、脚を引きずりながら歩いてゴール。

結果だけでいうと落車をし、自分も機材もダメージを受けてしまう形になった。

でも、練習の成果がだんだんと出てきて、入賞争いに絡めるレベルになっていたことに素直に嬉しかった。

もちろん今回反省すべき点はいくつもある。そして機材はフレームにクラックが入るなど今後のレース活動に支障をきたすほどのレベルだ。

反省点や機材をすぐに立て直してまたガンガン練習しよう。

まだ何も結果は出していない。

西日本クラシック Day2

すっかり日が空いてしまったがDay2のレポ。

2日目はあまり書くことがなかった、ということもあり投稿が遅くなった。

1日目が終わってからは腰を痛めたので腰を中心にストレッチ。

ホテルでリラックスして10時ごろ就寝。

4時起きしたけど、途中で2度ほど目が覚めてしまい、寝付きが悪かった。

とりあえず会場周辺で流すも脚というか体が重い。

レースのダメージというより、熱中症のダメージっぽい。

スタートは前目に位置したいので、直前の試走&アップは行わず、サインを終えたらすぐに並び始める。

今日はカフェインを取らずに、レースが始まったら体が動いてくれることを期待する。というか願うに近い。

前から4列目くらいでレーススタート。

最初の下りからずるずる後退。

すでに気持ちがのっていない。やっぱりよろしくなさげ。

そんな中、下りで落車発生。

かなりブレーキをかけるも横を通過。

が、集団は当然待ってくれないので追いかける。

三段坂までにブリッジできたが、もう脚がない。

という感じでまさかの1周目三段坂で千切れる。

あとは後ろの3つ目の30名ほどの集団で完走しただけ。

1日目の惨敗を引きずり、体もメンタルも良くない状態だった。

2日目は1日目より涼しかったし、アップもそれほどしなかったのでこっちの方がカフェインとった方が良かったかなと反省。

いや、反省するところはもっと他にあったかも。

ひとまずは次の石川に向けて暑さ対策をして、秋に向けてはインターバル、vo2max域を重点的に上げていかないとな。

もっと練習せねば。

西日本クラシック Day1

先週の全日本は不完全燃焼気味で終わったものの、せっかく調整してきたので勢いがあるうちに次のレースをと、選んだのが広島で行われる西日本クラシック。

2日間の開催でどちらかだけでもE1で10位なら来年の全日本の資格が手に入る。

去年E2で出た結果は1日目が最終周残り2キロ地点で先頭10名以内に絞られておいしい展開だったものの、下りで落車に巻き込まれて終了。

2日目は熱中症でDNF。

なんともパッとしない結果だったけど、コースとしては多分相性はいい方。

なので今回の目標は10位以内。あわよくば入賞を狙っていた。

飛行機と宿については、練習仲間のタクマから空きを譲ってもらった。

その日程が前日入りだったので、朝一で広島入りするものの午前中は雨。

仕方ないのでたまには市街に出て観光をすることに。

色々とグルメを楽しみつつ、マッサージを受けて前日は終了。

レース当日、出走時間は昼過ぎ。

天気予報は26℃程で曇り、のはずがかなり晴れていて気温もぐんぐん上昇。

直前のコミュニケでは補給無しから最終周直前まで補給OKになるほど暑くなった。

去年E2の2日目も昼頃のスタートでカンカン照りになり熱中症になった苦い思い出チラつく。

とはいえ、補給をお願いできるチーム員は今回のレースにはいないのでボトル2本で行くことに。

レース前にカフェインとBCAAをとって早々にアップしたら自転車をスタート地点に置いて場所取りしておく。

特に難しいコースじゃないけど、スタート直後は下りで集団を大きいのでリスク回避のために。

f:id:cazblo:20170704200443j:plain

レースが始まる。予定通り前方からのスタート。とクリートのキャッチとギアチョイスをミスり出遅れる。

下りで挽回しようとインコースから入るも、スピードがキツく、リアタイヤをガッツリ滑らせる。

一瞬落車やっちまったかと焦ったけどなんとかリカバリ。後続の方は驚いたでしょう。スミマセンでした。

で、レースは1周目から速い。高校生とUKYOが元気な感じ。

勝負所の三段坂の入りからかかる。

前目で展開したかったので、もちろん反応してローテも入る。

2周目、まだ集団は大きく所々でかかる。

ラップタイムを後から確認するとこの周の方が遅かったのだが、キツい。今考えるともうここで前兆が出ていたのかも。

3周目に入るととても前にいられなくなり、集団後方でひたすら耐えるだけになる。

一向に回復しないまま三段坂に入ったところで、とうとう千切れた。

この時点で先頭集団は20人ほどだった。

同じように千切れた選手2、3名と走る。

が、千切れたショックか全く踏めない。

4周目の序盤で後ろからきた10数名の集団と合流する。

これには乗らなければと踏み直す。

集団に入ると後ろから「登りは上げずに平坦と下り踏んで」と声が。

見るとタクマだった。仕切ってる。こいつ余裕あるな。

対して自分は全く余裕がない。

なんか足も腕も鳥肌たってきて寒気がする。

完全に熱中症だった。4周目が終わってもこの症状が続いていたらレースを降りるつもりだった。

4周目のホームストレートに帰ってくると、別チームの有益さんがボトルを渡してくれた。

中身はスポーツドリンクで冷えててうまい。

これのおかげもあり最終周の5周目は復活。この時点で先頭からは5分差がついていた。

f:id:cazblo:20170704200313j:plain

が、最終周に入った時、先頭は18名とアナウンスが聞こえたので、前から落ちてくる数名を交わしたらもしかして着ポイントはもらえるかも?

ということでここから15位以内を目標にする。

前にチラチラ選手が見える。

しかし三段坂に入ったところで集団も緩む。

みんな完走目的だしなーと思うも、前を追いたい。

三段坂の最後でバルバの選手が集団から抜け出したのを見て自分も続く。

顎で合図して2人でそのまま抜け出す。

下りも踏んで前にいた選手数名を交わして行く、あれ?

なんかまだポロポロ前にいるぞ?一体前に何人いるんだ?

と思いつつ、最後まで出し切ってギリギリまで1人交わしてゴール。

f:id:cazblo:20170704200341j:plain

結果は、23位だった。全然前に選手いるじゃん。

無駄脚だった。ガッカリ。

最後にスプリントして腰痛めたし。

熱中症のダメージもあるので、レース後は早々に撤収して、夕飯を済ませ朝ごはんの買い出しをして翌日に備えた。

全日本選手権 2周回でDNF

今回の全日本は青森の階上。

ライセンスコントロールとライダーズミーティングのため前日入り。

昼前に現地入りし、チーム員と合流。

とりあえずお昼を済ませる。昼は駅中にある海鮮料理屋。

でもナマモノは避けたいのとカーボを意識して、イカめしとミニネギトロ丼。少しナマモノ入ってるけどこれくらいなら大丈夫だろう。

 

その後はレンタカーを借りてスーパーに買い出しし、試走はまだできないけどレース会場へ。

女子のレースが始まっていた。

与那嶺選手の独走を観戦した後、試走を開始。

 

レース観戦中に既に試走をした面々から話を聞くと、みんな揃って一言「ヤバい」

ミポさんと一緒だったので、森本さんや中村龍太郎さんとかホビーのトップライダーもみんなその一言。

そんなヤバさしかイメージがないコースだったが、試走してみると、確かにヤバかった。

f:id:cazblo:20170625205126p:plain

 

コースプロフィールでは登りのヤバさが伝わってくるけど、その前の下りがいやらしい。

テクニカルな上にヘアピンがあり集団は縦に伸びる。後方にいるだけでブレーキ必至で先頭は登り始めている感じになるとミポさんと予想。

そして一本目のキツく長い登りの後、また狭い下り。

直角コーナーの後、2本目の坂。

こっちは1本目よりも短く斜度がキツイ感じ。

直角コーナーでブレーキ使わされるような位置にいるとここもキツいだろうなぁ。

 

とりあえず試走を一周半した後はライセンスコントロールとミーティングを受ける。

夜はホテル近くの大戸屋で親子丼大盛りを食べ、目一杯糖質を溜め込む。

ちなみに、ここの大戸屋SHIMANOとBSアンカーも飯を食ってた。

 

後はスーパーで朝飯を買ってホテルに。

時間は9時前だったかな。温泉に入ってその日は10時半頃に消灯。

 

 

レース当日。

起床は4時半。昨日買っておいたパン類を詰め込む。

ドリンクはオレンジジュース。

摂取カロリーは十分。準備をしてホテルを5時半に出発。

ちなみにホテル前は5時半だというのに何故かエントランス前のロータリーに人だかりができており、野菜、果物、たい焼き、揚物、朝ごはんが食べられるような出店が沢山出ていた。

レースがなければゆっくり見て見たかったな。

 

 

レース会場に6時過ぎに到着。

出走サインは7:15から、スタートは8:00なのでさっさと準備してアップしなければ。

と、思うも何故か駐車場付近にいる選手達は全然アップを開始する気配がない。

でも昨日の試走から有力勢が前に固まり、登りで最初からアタックがかかれば集団も伸びてキツくなることは必至なので、さっさとアップを始める。

ミポさんは固定ローラーで。自分は最初三本だったけどやっぱ慣れないので実走に。

幸い、駐車場の近くに7.5%表示の登りがありそこで心拍160近くになるまで40分ほどアップ。

戻ってから、多摩ポタみつくんらとも合流し、出走サインに。

早々にスタート地点で待っていると選手も集まり始めて、30分前にはまばらだっあスタート地点も10分前にはごった返し。

なんだかんだで前から三列目の真ん中、BSの後ろに位置取りできた。

f:id:cazblo:20170625203516j:plain

 

そして8時。定刻通りパレードランからスタート。

最初の下りまでは町長がロードバイクで先導。

するのだが、先頭の選手らが右から先行し始めて、町長が集団に飲み込まれかける。

みんな狭い下り後の登りを考えて右からどんどん前に出始める。

前にいるBSに至っては先導バイクを押しながら走ってる。

かなりカオスな状況になりかけるも、町長先導区間がなんとか終わり、下りへ。

ここは先導カーのおかげで何事もなく終わり、最初の登りに。

どうも事前の話では最初の長い登りまでは先導があるらしい。

 

確かに登りに入っても赤旗が出ている。

が、速い。

いよいよリアルスタートか?

でもまだ赤旗。速すぎないか?

みんなダンシングで追う。さっきまで超ぎゅうぎゅうだった集団の間隔が広がっていく。

気がつくと前には高岡さんがダンシングでするする抜けていくので後ろにつく。

登りが終わるとリアルスタート。

隣にいるNIPPOの選手もゼイゼイ言ってる。やっぱ先導速すぎだったろ。

そしてまた狭い下りに。

この時点で前には4,50人ほど。

流石にスタートからは位置を下げたけどまだまだ悪くない位置。

2本目の登りでかかってもいいように集中する。

下り始めて程なくしてガシャーンという音とと横いっぱいに塞がる前方。

 

え?これって、もしかして、落車?

ロックギリギリでブレーキかけるも下りで勢いがついていて間に合わない。

まだ集団は1つで右のラインは人がいる。前には自転車と人が転がってる。

既にコースの左端。逃げ場は、コース外しかなかった。

 

茂みに突っ込む。

何とか停止。幸いにも後続にも突っ込まれなかった。

ちょっとリアメカとシューズが接触して破損したけど走行には問題なさそう。

でも続々と後続が突っ込んでくるので中々コースに戻れない。

隙をみてコースに戻るも前とはギャップが。

まだ見える位置。加速して追う。

後ろから誰か付いてきているみたいで「追えー!」と怒鳴られる。

言われずとも追ってるわ、とチラッと見るとSHIMANOの選手。

あなたが引いた方が速いと思います。

 

2つ目の登りに辿りつき、ガンガン踏むが前の集団とは離れて行った。

しかもかなり足にきてる。

と、ここで後ろから十数人ほどの集団が。

これには乗らねば。多分これがメイン復帰の最終便だ。

2つ目の登り終わりで再加速して飛び乗る。

平坦区間に入るもみんな落車からの復帰で足を使ったのかローテが回らない。

さっきとは別のSHIMANOの選手が怒鳴る。

プロは大変だ。でも俺も大変な状況だ。

足にきたどころか手も痺れてきた。早く休まないとヤバい。

 

何とかゴール前の登りに帰ってきた。

1周目が終わった。とここから平坦で集団はガツンと加速。

そりゃ前追ってるんだから当然、なんだけどブツブツと中切れが発生。

もうその中切れを埋めたり前にジャンプする力も残ってなかった。

 

一緒に切れた順天堂大学の選手と回し、前で切れたLINKの選手とも合流。

前にいたイナーメの北野選手も吸収。2周目完了直前でFIETSの奈良さんらが後ろから追いつく。

f:id:cazblo:20170625203404j:plain

 

お?ちょっとずつ多くなってきたぞ。プロ選手はいないけどまだ行けるんじゃないか?

 

2周目が完了。

と、ここで笛が吹かれる。

タイムアウト

え、マジで?さっきメインと2分差って言われたけどもう切られるの??

マジでした。

希望が見えかけただけにがっくりうなだれる。

 

ここで今年の全日本は終了。

この日にかけて調整したものは出し切ることは出来ず無念でした。

 

落車が原因で脚を使い切ってしまった、というのは力が足りないというしかないし、途中で中切れを埋めることもできなかった。

いくつかまだ復帰こチャンスはあった。

そこには目を背けず、また積み上げていこう。

 

幸いにも、怪我は無かったんだし、この鬱憤は来週の広島で発散させてやる。

 

ちなみにしこたまローディングした糖質を消費するため、奈良さんとヒルクライムしてきました。全然足りてないけど、消費カロリー。

 

また痩せないとなあ。